FC2ブログ

女性のためのオナニー研究

オナニーについて、いろいろ研究しています。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の利用してるエログランキングです。

ふと思いついたので・・・・

突然ですが、高校時代のお話をします。
私がオナニーを覚えたのは、そのころよく遊んでいた友人に教えられたのがキッカケでした。
男性経験もない私は快感というものは知っていても性的な快感は知らずにいました。
ちらほらと聞こえてくる男性経験の話を聞いても、「そんなことをしてなにが楽しいんだろう」と興味あるふりをしながらも冷めた目で見ていました。

ところが、友人が「オナニーをすると気持ちがいい」ことを教えてくれてからは、少し考え方が変わりました。
友人に教えられたとおりの場所を刺激すると、確かに今まで感じたことのない感覚だということがわかったんです。
ただ、その感覚が何か後ろめたいものだという気持ちがあったのと、癖になる感覚ではあるけれど、だからといってすごい快感を得られるものとは思われなかったんです。
ぼーっと身体が温かくなって、膣口にヌルヌルした変な匂いの液が溢れてくるだけの現象だったんです。

どれだけ友人の言うとおりにしても、友人がしきりと訴える「イク」という感覚がどれなのかわからないままでした。
頭の中が真っ白になるとか電気が走るとか言われても、そういう経験もない私にとっては意味不明でした。

その後、いろいろあって友人の部屋でオナニーの仕方を教えてもらうことになりました。といっても、それはあとから考えればレズビアンのような行為でしたが・・・・
その日、友人の部屋で初めてアダルトビデオというものを見せられました。友人は普通に「彼にもらったんだよ」と言ってましたが、彼にアダルトビデオをもらう関係ってどんな関係なんでしょう。あまりにあっけらかんとした態度でびっくりしたのを覚えています。
友人と二人で画面を見つめていると、女優さんがうっとりとしたような表情で、気持ち良さそうにしてるんです。
学校の授業で習うセックスとはまったくイメージの違うその行為は、私に自分も体験してみたいと思わせるのに充分な刺激でした。

何もしていないのにオナニーのまねごとをしてるような身体が温かくなる感覚があって、自然に愛液が溢れてきてしまってました。
友人は画面を見ながら私にオナニーの仕方をもう一度教えてくれました。私の横に座って自分でオナニーしながらです。

今思うと、よくあんなことができたなと赤面してしまいます。
オナニーをする友人に並んでまねをする私。
結局その友人は私の横で身体をありえないくらいビクビクさせて、ぐったりしました。
しばらくして、「あぁ・・・気持ちよかった」って。

その後、私の代わりに友人が私の股間を指で触りながら刺激の仕方を教えてくれました。
自分でするのとは全然違って、勝手に身体がガクガクしてしまうんです。何かに突き動かされそうな感覚に何度も耐えながら、自分が自分でなくなってしまうような恐さと戦っていたんです。
今まで私が快感だと思ってたものとはまったく違った感覚に身体は温かいを通り越して熱く、息もあがってきてしまって・・・・

身体が理解不能な状態になっていくのが恐くて、何度か友人の手を掴んでやめさせようとしました。
でも、「だいじょうぶだから」と説得されていじられ続けました。
イク直前のあの感覚が当時の私にはどうしても恐くて恐くて仕方がなかったんです。

「気持ちよくなりたくないの?」

なりたくないわけはないけど、あの感覚は恐くて恐くてたまらないんです。友人のイッたあとの表情を見れば、それがどんなにすごいことかわかってるにもかかわらず、どうしても恐いんです。

結局その日はオルガスムスを知ることはありませんでした。
ただ、その後何度か友人と過ごすうちに、私の中で気持ちが変わったのかそれほど「それ」に対する抵抗がなくなっていきました。
そしてある日、ついにオルガスムスを体験しました。
何かを突き抜けたような、もやもやが吹き飛んでしまったかのようなあの感覚は今でも忘れることができません。
そして、そのときに感じた激しい後ろめたさも・・・・・
たしか泣いてしまったように記憶してます。
若かった私。

ふと思いついたので、昔の体験談を書いてみました。


それではまた・・・
よいオナニーを。


本日はオナニー動画です。
私の利用してるエログランキングです。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

オナニーは自己啓発です

この「オナニーのすすめ」カテゴリがいつも一番書くのに時間を使います。なぜかと聞かれれば、オナニーはいいものだと私にとってはわかりきったことを書かなくちゃいけないからなのです。
どうやったらもっとオナニーを楽しめるのか。そう考えながら書こうとすると自然と時間がかかるんです。

突発的に思いついた話がない限り、なるべくカテゴリに偏りが出ないように気をつけて書いているので、「オナニーのすすめ」は私にとっては真面目にオナニーを考える時間になってきています。

前置きが長くなりましたが・・・・・
今日は特に真面目にオナニーについて考えてみたいと思います。

「オナニーとは?」と問いかけられると、私はいろいろな答えを用意します。(実際に問いかけられたことはもちろんありませんが)
1.気持ちいいもの
2.リラックスできる時間
3.自己啓発

おや?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。自己啓発ってそんな大げさなものじゃないでしょう、と。
では、考えてみてください。

友人と初めての海外旅行に行きました。
期待に胸を膨らませて到着した先にはもちろんのこと現地の方々がいっぱいいます。友人は流暢な英語で彼らとの会話を楽しみ、自分はといえば愛想笑いを浮かべて友人と現地の人との会話を眺めているだけ。

さて、これはなにが足りなかったのでしょう?
もちろん答えは英会話の技術、というよりも経験です。
英語が普通に話せれば、友人のように楽しく振舞えたでしょう。楽しそうに見せかける事をせずに、です。
そして英会話スクールに通ってみることになります。

では、話を戻して意中の男性とのセックスの話をします。
よく相性が悪いなんていう方がいらっしゃいますが、本当にそれは相性だけの問題なのでしょうか?
たしかに明らかに経験不足な男性はいらっしゃいます。ただ、もしも自分が自分の性感帯をしっかり把握していたらどうでしょう。
「こうして欲しい」「ああして欲しい」とうまくお願いすることもできたはずです。
性感帯を知らないということは、相手の男性はもちろんどうしていいのかわからず、かといってどうして欲しいか尋ねられても自分もわからないと言う状況に陥ります。
経験豊かな、もしくは研究熱心な男性ならうまくリードしてくれるかもしれません。
それでもやっぱり、「どうしたら気持ちがいいのか」を把握しておくことは、満足な性生活には欠かせない要素ではないでしょうか?

楽しいフリをする海外旅行と、感じてるフリをしてるセックス。
ちょっと似てませんか?(こじつけですよ、もちろん)

オナニーをするときにそんな難しいことを考える必要はまったくありません。ただ、性感帯は研究熱心な男性か、オナニーでしか開発することはできません。
研究熱心な男性にお願いをするのも方法のひとつかもしれませんが、そんなことを確認して付き合うことは現実には難しいです。
オナニーなら、誰の助けも借りず、心ゆくまで自分の身体を知ることができます。性感帯の場所を知り、触れ方を知ることはよりよいセックスを送るのに必要だと私は思っています。

だからぜひ、毎日とは言わないまでも週に何度かはオナニーしてみてはいかがでしょう。鍛えるほど性感はアップします。
せっかちな方はオナニーの本やインターネットで方法を調べるのもいいかもしれません。
(ただしネット上のオナニーは危険をともなうものもかなりありますので注意が必要です)

えっちなお話を期待して読まれた方、ごめんなさい。
今日はずいぶん真面目なお話になってしまいました。

それではまた、よいオナニーを。


本日はお口直しのオナニー動画です。
私の利用してるエログランキングです。

性感帯を発掘

まずはお礼を申し上げます。
このブログを始めてちょうど2週間になりますが、すでに5000HITを超える方々に見ていただいてるなんて、ちょっと信じられません。
本当にありがとうございます。

さて、みなさんはどのぐらいの頻度でオナニーをしますか?
あるところの統計では1週間に3~4回という方が多いようですが、私の場合は1週間に5~6回というところでしょうか。
彼がいるときでもこの回数は変わらなくて、むしろ彼がいたときのほうが多いなんてときもありました。
私にとってオナニーは、セックスとはまったく別なものという認識のようです。

もしもおおっぴらに言うことが許されるのなら、間違いなく私の趣味はオナニーです。こんなブログを作ってるわけですから、当然といえば当然ですが。そんなわけで、公表してる趣味は第2の趣味の読書です。

そんな大好きなオナニーですが、私は長いときは1時間ぐらいオナニーしてます。快感が凝縮した時間はおそらくそんなに長い時間ではないのですが、ゆったりとリラックスしてオナニーするんです。
オルガスムスを得ることが目的であれば、慣れた方なら10分もあれば充分だと思うのですが、私はストレス発散なども兼ねてオナニーをしています。

オナニーのとき私が一番心掛けてるのは焦らすことです。
一番快感を得られるところはあえて避け、胸や乳首はもちろん太腿や膝の後ろなども指で軽く触れます。
クリトリスを指で転がしながらほかのポイントを触れると快感が数倍に膨れ上がります。クリトリスだけを集中的に指で刺激し続けててもそのままオルガスムスを得られますが、イキそうになるたびにほかの部分を刺激します。

家族に覗かれちゃう心配のない方は、ぜひ性感帯の発掘をしてみてください。膣周辺に敏感な器官は密集してますが、それ以外にもあちこちに性感帯は隠されています。
首筋や耳はよく知られた性感帯ですが、膝の後ろや脇の下や足の指先なども性感が高まってくると性感帯に変わります。
じっくり楽しめるときにはただただオルガスムスを求めるのではなく、爆発しそうな快感を我慢しながら性感帯探しを楽しむのもオナニーの醍醐味です。

「女性のための」と銘打ってますが、パートナーの女性の身体を開発したい男性もぜひ覚えておいてくださいね。

それではまた・・・
よいオナニーを♪


本日はお道具の動画です。気持ち良さそうです。
私の利用してるエログランキングです。

テーマ:オナニー生中継中 - ジャンル:アダルト

少しの工夫で非日常の快感を

オナニーする上で最も刺激的なのはやはり「いつもとちがう」という感覚。ほとんどオナニーをしない方は、時々するオナニー自体が刺激的で満足できるかもしれませんが、オナニーの頻度が高くなってくると、徐々にいつものオナニーでは物足りなくなってきます。
私の場合はいろいろなポーズを試してみたり、少し場所を変えてみたりといろいろと「いつもとちがう」感を演出してみたりします。

露出願望の強い方(見られるのは嫌でも見られるかもしれないという感じが好きな方)は意外と多いようで、実は私もその中の1人です。
裸にコートで出歩いたりはしませんが、見られるかもしれないドキドキ間と戦いながらオナニーするのは大好きです。

そこでおすすめなのが、パンティを食い込ませちゃうという方法。
服装を問わず、パンティをただ股間に常に食い込むようにしておくだけで、常に敏感な部分をさらさらと撫でられ続ける感覚は意外と新鮮で、オルガスムスを迎えるところまではいかないものの、かなりの長時間愛撫され続けることができます。
実際には、布地が食い込むように束ねて、いつもよりも上に引っ張りあげて穿くだけです。
ただし、このままですと束ねた布地が元に戻ってしまうことがあるので紐で戻らないように縛っておくと効果的です。

この状態でパンティを穿いた時点からもうオナニーはスタートしています。自宅でゴロゴロしているのはもったいないのでこの格好で出社してしまうのもおすすめです。
玄関のドアを開けて歩き出したときにはすでにスリスリと擦り付けられるような感覚を得られているはずです。
あとは一歩一歩歩くたびにいろいろな角度から擦り付けられてすぐにじっとりと濡れきてしまうはずです。

座ったりしたときにはさらにきつく股間にパンティが食い込んできて、ぎくっとすることもあるでしょう。
うまくすればこのまま少し状態を前後に動かすだけでかなり強力な刺激を得ることもできます。
もちろん周りに人がいる中でするオナニーですから、周囲の目を意識しながら、思わずあえぎ声が漏れたりしないように注意しましょう。
人によっては予想以上に愛液の分泌量が多くなりすぎて匂いが漏れてしまう場合も出てきます。
長時間の外出には必ず替えのパンティも用意して置いてください。

慣れてくると、より強くこすり付ける方法なんかも覚えてきて癖になること請け合いです。
できる限り人通りの多い駅などを歩くと効果的です。
誰も気づいていないけど、激しく自分の股間はこすりつけられていると思いながら歩いていれば、さらに効果は倍増します。
気持ちのいいオナニーは心の状態も大きく影響します。
できる限り「いつもとちがう」感じを頭の中でイメージしながらオナニーに励みましょう。

それではまた・・・
よいオナニーを


本日はきれいな女性&食い込みパンティ画像です。
私の利用してるエログランキングです。

場所を変えれば気分も変わる

オナニー=自宅という構図は誰もが認める常識。
でも、この常識を逸脱することでたまらない快感を得ることができます。場所を変えるだけで感じ方が大きく異なります。

例えば・・・・・・
いつも自宅のトイレでオナニーをしている方なら、白昼の自室で部屋の鍵をかけずにオナニーしてみてください。特に1人暮らしではなく家族と同居の方なら快感は倍増します。
もちろん見られてしまう危険がともないますので、プライバシーに無頓着なご家庭ではしないほうが良さそうですが。
ある程度プライバシーが保たれてるような部屋なら、ドアのほうに下半身を見せるようにして両足を開いてオナニーするのがおすすめです。
突然ドアが開いて、言い訳のできない恥ずかしい姿を家族に見られてしまう・・・・
恐怖心を快感に変えてしまえるようなMっ気たっぷりな方なら、相当気持ちいいオナニーができるはずです。

アパートなどで1人暮らしをしている方なら、カーテンを少しだけ開けたまましてみるのもいいかもしれません。部屋が1階だったりすると本当に覗かれてしまう危険が大きいため、ある程度上の階の方は安心してできると思います。刺激が足りないと感じたら、ベランダへ出る窓を開けてしまってもいいかもしれません。
ただし、近所に覗き趣味の人がいたりすると見られてしまうので、用心するに越したことはありませんが・・・・・

さらに家から一歩出ると、探せばいろいろなところにオナニースポットが存在します。
駅のトイレのような利用者の多いトイレの個室にこもってのオナニーは格別です。
指で気持ちいいところを刺激しながら、耳はほかの人が入ってきていないか常に警戒態勢に入ります。
外の気配をうかがいながらのオナニーはスリルですら快感になって全身を這い回ってくれます。
コツン、コツンと誰かが入ってきた足音を聞くたびにオナニーを中断して息を潜め・・・・
だんだんとそれがイクにイケない焦らし効果を生み出し、最後にはどうにでもなれっていう思いが膨らんできて・・・・
すぐ隣に人がいるのに、指でクチュクチュと音を立ててオナニーをすれば、あっという間にオルガスムスを得られること間違いなしです。

露出は危険がともなうのであまりお勧めはできませんが、屋外ではトイレが一番オナニーしやすいスポットだといえるでしょう。
自宅では味わえない感覚に、クセになってしまう方もいます。
私も実はその中の1人だったりするのですが・・・・・
本数の少ない電車の待ち時間なんかを利用してトイレにこもることもたびたびあります。

さて、あなたはどこでオナニーしますか?


オナニー&オナニー盗撮写真集めてみました。
私の利用してるエログランキングです。

 | HOME |  »

プロフィール

坂井聡美

Author:坂井聡美
以前付き合っていた彼に、AV女優の酒○里美さんに似てると言われたことのある聡美です。
彼は私がAVなんて見ないから名前を出してもわからないと思ったようですが、残念ながらすぐに誰のことだかわかってしまいました。
男性経験は豊富とは言えませんが、多分10人ぐらいだと思います。
でも、残念なことに私はオナニーのほうが好きなんです。
新しい年になり、何か始めようと思いアダルトブログを作ることにしました。

訪問者数

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。